QX200 Droplet Digital PCRシステム (Bio-Rad)

概要

ドロップレットデジタルPCR装置。PCR産物を約2万個のオイルドロップレットに分割して反応させ、それぞれのドロップにおける対象DNAの有無を検出する。これにより試料中に存在する特定のDNA断片の絶対定量をする。遺伝子発現定量の他、遺伝子変異検出などに利用する。

機器予約サイト (京都大学 学内限定) 利用方法 お問い合わせ
QX200 Droplet Digital PCRシステム (Bio-Rad)
QX200 Droplet Digital PCRシステム (Bio-Rad)
QX200 Droplet Digital PCRシステム (Bio-Rad)

特徴

定量PCRでは困難な低濃度域の定量も可能。
ドロップレット作成は最大8ウェルずつ。ドロップレットの反応・測定は96ウェルずつ可能。

利用方法

ASHBiのPIグループメンバーは利用可能。要予約。
利用方法や用意すべきものはSignACで説明。