Kyoto University Institute for the
Advanced Study of Human Biology

MENU

ASHBiオフィス(Research Acceleration Unit & Administrative Management Unit)

拠点の研究力向上と円滑な拠点運営に向けた支援を行うために、拠点内に研究支援・事務組織 (ASHBi Office) を設置しています。ASHBi オフィスは、戦略的研究支援や問題解決型の支援を行うユニット(Research Acceleration Unit)と、従来型の事務処理を行うユニット(Administrative Management Unit)から構成されています。


ASHBi Office

リサーチ・アクセラレーション・ユニット

本ユニットは、研究者と密にコンタクトを維持しながら拠点運営や研究遂行に伴って生じる諸問題の解決を図る問題解決型の支援、若手・海外研究者のスタートアップ支援、次世代研究者育成を目的としたセミナーの企画・開催などを実施しています。これらの研究サポートを行うため、リサーチ・アクセラレーション・ユニットには専門的な経験と知識をもつスペシャリスト4名を配置しています。

メンバー

Portrait of Dr. Tadashi Ogawa 小川 正 (教授/事務部門長)
ユニット長
Spyros Goulas Spyros Goulas (講師)
サイエンティフィック・アドバイザー
Makoto Shida 信田 誠 (URA)
外部資金獲得/産学連携
Hiromi Nakao-Inouea 井上 寛美 (リサーチコーディネーター)
海外研究者・若手研究者支援/研究者のサポートプログラムの企画マネジメント
Chieko Chiwata 千綿 千恵子 (リサーチコーディネーター)

問題解決型の研究サポートとは

研究者が直面する様々な問題に対し、ユニットのスペシャリスト(専門職人材)が問題を解決を図るとともに、それらの解決策をシステム化して拠点内の秘書/事務組織と共有することで、同じ問題が再び生じたときは秘書/事務組織のみで対処できる体制を構築しています

TProblem-solving_research _support

アドミニストレイティブ・マネージメント・ユニット

本ユニットは英語話者で構成されており、各ラボの研究者や秘書、及び大学本部事務とコミュニケーションを取りながら従来型の大学事務に関する手続きを行います。 またリサーチ・アクセラレーション・ユニットとは同一の居室にて業務を行い、互いに緊密な連携をとることによって問題解決が必要な高度な事務処理にも対応できる体制を構築しています。

メンバー

ユニット長 小川 正 (教授/事務部門長)

人事・総務 加舎 智里
澤守 麻由子

経理 波多野 匡能
八百山 郁美

イベント企画・運営 小森 芙美
佐野 成美

IT担当 武藤 知世
Alev G, Bourque G, 山本(玲)G 秘書 荒井 友梨子
雨森G 秘書 岡田 真理
柊G 秘書 湊 忍
村川G 秘書 西田 智子
平岡G, 藤田G 秘書 山川 あづさ
Seirin(聖林) G 事務・プログラマー 平賀 隆寛
秘書 白井 知恵

SignAC 運営・事務 池田 真由美

ASHBi Office