イベント

ASHBi Seminar (Dr. Rahul Sinha)

2022-06-09

ASHBi Seminar (Dr. Rahul Sinha)

スタンフォード大学よりLuis Barreiro博士をお招きし、2022年6月16日にASHBi Seminarを開催します。

Rahul Sinha博士は、米国ニューヨーク州のコールドスプリングハーバー研究所で博士課程に在籍中、哺乳類のpre-mRNAスプライシングを専門とする分子生物学・生化学のトレーニングを受けました。その後、Irv Weissman研究室にポスドクとして加わり、がん免疫学と幹細胞生物学を学び、特に造血幹細胞、後に神経幹細胞生物学を専門としています。 彼の長期的な目標と研究テーマは、『aberrant neuropoiesis and hematopoiesis』であり、現在、JSPS外国人招へい研究者(短期)として、京都大学高等研究院ヒト生物学(WPI-ASHBi)に滞在中です。

ご興味のある方は是非奮ってご参加ください。

Program

日時:
2022年6月9日(木)11:00–12:00(JST)
会場:
オンライン開催*
*高速なネットワーク環境での接続を推奨します。
言語:
英語

タイトル

Transcriptome plasticity & progressive lineage restriction in stem cell systems

講師

Rahul Sinha博士

スタンフォード大学大学 主任研究員

対象者

大学や研究機関に所属する研究者、及び、学生

申込

要事前登録

登録フォーム

ご登録者へは、セミナーの約1週間前にZoomリンクをご案内いたします。

主催

京都大学高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点(WPI-ASHBi)

お問合わせ

山本 玲 (京都大学高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi) 准教授)