山本 玲

山本 玲

PI

Position
特定拠点准教授
Research Field
造血幹細胞、加齢、血液疾患

研究概要

“幹細胞” は自己複製能と多分化能を有する特異的な細胞で、全身の細胞の恒常性を維持していますが、加齢とともに機能が変化してその恒常性が破綻し、様々な疾患の原因となることが知られています。私たちのグループは、幹細胞の中でも特に、臨床応用されている血液の幹細胞(造血幹細胞)に着目して研究を行っています。

造血幹細胞は、シングルセル移植でも全身の血液系を再構成できる細胞ですが、加齢によりある特定の造血幹細胞が増加し(クローナル造血)、これが血液疾患などに関与することが知られています。しかし、そのメカニズムは明らかになっていません。

そこで私たちは、マウス・非ヒト霊長類・ヒトをモデルとして用い、様々な最先端計測技術を組み合わせ、 (1) 造血幹細胞の自己複製・多分化能のメカニズム、(2) 加齢に伴う造血幹細胞の機能低下、クローナル造血のメカニズム、(3)急性白血病・骨髄異形成症候群・リンパ腫などの血液疾患の病態を解明することを目指します。こうした理解を通じて、再生医療の進歩につながる幹細胞の維持・増幅技術の開発や、各種の病態の理解・解明、治療法の開発を目指しています。

そのために、以下のようなプロジェクトを行っています。

  • 造血幹細胞を対象とした各種シングルセル解析(シングルセル移植、シングルセルRNAシークエンス、シングルセルATACシークエンスなど)を行い、造血幹細胞のバイオロジー・分子機序を解明する。
  • 遺伝子改変モデル動物を作出(マウス・非ヒト霊長類)し、加齢・血液疾患の分子機序を解明する。
  • 上記の解析に数学など他分野の解析技術を組み合わせ、新しいバイオロジーを創生する。
図1

図1. (A) 造血幹細胞のシングルセル移植による末梢血5系統(赤血球・好中球・Bリンパ球・Tリンパ球・血小板)のキメリズム動態。(B) Paired-daughter cell assay によりシングル造血幹細胞の分裂パターンをシングルセル移植により観察。造血幹細胞-造血幹細胞の分裂パターン、造血幹細胞と血小板のみを産生する”造血幹細胞”の分裂パターンを同定。(C)新しい血液分化モデル myeloid-bypass pathwayの提唱とその加齢による変化。

図2

図2. 研究の概略

略歴

2001年 京都大学医学部 卒業
2009年 京都大学大学院医学研究科 博士後期課程修了
2009年-2014年 東京大学医科学研究所においてポスドク研究員
2014年-2015年 アメリカ スタンフォード大学医学部Institute for Stem Cell Biology and Regenerative Medicineにおいてポスドク研究員
2015年-2020年 同施設においてリサーチアソシエイト
2020年より 京都大学高等研究院 ヒト生物学高等研究院(ASHBi)にて特定拠点准教授となり現在に至る

論文

Wilkinson, A. C.*, R. Ishida*, M. Kikuchi, K. Sudo, M. Morita, R. V. Crisostomo, R. Yamamoto, K. M. Loh, Y. Nakamura, M. Watanabe, H. Nakauchi, and S. Yamazaki. "Long-term ex vivo expansion of hematopoietic stem cells affords non-conditioned transplantation." Nature, 571(2019): 117-121. (*Equal contribution)

Yamamoto, R.*, A. C. Wilkinson*, and H. Nakauchi. “Changing concepts in hematopoietic stem cells.”Science, 362 (2018): 895-96.(*Equal contribution)

Yamamoto, R., A. C. Wilkinson, J. Ooehara, X. Lan, C. Y. Lai, Y. Nakauchi, J. K. Pritchard, and H. Nakauchi. "Large-Scale Clonal Analysis Resolves Aging of the Mouse Hematopoietic Stem Cell Compartment." Cell Stem Cell, 22 (2018): 600-07 e4.

Ghosn, E. E., J. Waters, M. Phillips, R. Yamamoto, B. R. Long, Y. Yang, R. Gerstein, C. A. Stoddart, H. Nakauchi, and L. A. Herzenberg. "Fetal Hematopoietic Stem Cell Transplantation Fails to Fully Regenerate the B-Lymphocyte Compartment." Stem Cell Reports, 6 (2016): 137-49.

Matsunawa, M.*, R. Yamamoto*, M. Sanada*, A. Sato-Otsubo, Y. Shiozawa, K. Yoshida, M. Otsu, Y. Shiraishi, S. Miyano, K. Isono, H. Koseki, H. Nakauchi, and S. Ogawa. "Haploinsufficiency of Sf3b1 Leads to Compromised Stem Cell Function but Not to Myelodysplasia." Leukemia, 28 (2014): 1844-50.(*Equal contribution)

Yamamoto, R.*, Y. Morita*, J. Ooehara, S. Hamanaka, M. Onodera, K. L. Rudolph, H. Ema, and H. Nakauchi. "Clonal Analysis Unveils Self-Renewing Lineage-Restricted Progenitors Generated Directly from Hematopoietic Stem Cells." Cell, 154 (2013): 1112-26.(*Equal contribution)

Ghosn, E. E., R. Yamamoto, S. Hamanaka, Y. Yang, L. A. Herzenberg, H. Nakauchi, and L. A. Herzenberg. "Distinct B-Cell Lineage Commitment Distinguishes Adult Bone Marrow Hematopoietic Stem Cells." Proc Natl Acad Sci USA, 109 (2012): 5394-8.

Yoshida, K*., M. Sanada*, Y. Shiraishi*, D. Nowak*, Y. Nagata*, R. Yamamoto, Y. Sato, A. Sato-Otsubo, A. Kon, M. Nagasaki, G. Chalkidis, Y. Suzuki, M. Shiosaka, R. Kawahata, T. Yamaguchi, M. Otsu, N. Obara, M. Sakata-Yanagimoto, K. Ishiyama, H. Mori, F. Nolte, W. K. Hofmann, S. Miyawaki, S. Sugano, C. Haferlach, H. P. Koeffler, L. Y. Shih, T. Haferlach, S. Chiba, H. Nakauchi, S. Miyano, and S. Ogawa. "Frequent Pathway Mutations of Splicing Machinery in Myelodysplasia." Nature, 478 (2011): 64-9.(*Equal contribution)

Yamamoto, R., M. Nishikori, M. Tashima, T. Sakai, T. Ichinohe, A. Takaori-Kondo, K. Ohmori, and T. Uchiyama. "B7-H1 Expression Is Regulated by Mek/Erk Signaling Pathway in Anaplastic Large Cell Lymphoma and Hodgkin Lymphoma." Cancer Sci, 100 (2009): 2093-100.

Yamamoto, R., M. Nishikori, T. Kitawaki, T. Sakai, M. Hishizawa, M. Tashima, T. Kondo, K. Ohmori, M. Kurata, T. Hayashi, and T. Uchiyama. "PD-1-PD-1 Ligand Interaction Contributes to Immunosuppressive Microenvironment of Hodgkin Lymphoma." Blood, 111 (2008): 3220-4.

受賞歴

2011年 American Society of Hematology (ASH) ASH Abstract Achievement Award
2012年 International Society for Stem Cell Research (ISSCR) Travel Award
2012年 日本血液学会 若手奨励賞
2013年 日本再生医療学会 若手研究奨励賞(YIA)

研究グループ

山本(玲)グループ
Contact R.Yamamoto

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    Submit