ニュース

岩見連携研究者の論文が『PLOS Biology』に掲載

2020.8.4

岩見連携研究者の論文が『PLOS Biology』に掲載

岩見 真吾 ASHBi連携研究者(兼・九州大学理学研究院 准教授)の共著論文が、2020年7月30日(現地時間)に国際学術誌『PLOS Biology』のオンライン版に掲載されました。

研究内容について

ウイルスは、インドア派?アウトドア派?ー数学と実験の融合研究でC型肝炎ウイルスの感染戦略を解明したー
(九州大学WEBサイト「研究成果」)

書誌情報

Iwanami, S., Kitagawa, K., Ohashi, H., Asai, Y., Shionoya, K., Saso, W., Nishioka, K., Inaba, H., Nakaoka, S., Odo, W., Iwami, S., Watashi, K. (2020). Should a viral genome stay in the host cell or leave? A quantitative dynamics study of how hepatitis C virus deals with this dilemma. PLOS Biology, 18(7), e3000562. https://doi.org/10.1371/journal.pbio.3000562

画像出典:九州大学