柳田 素子

柳田 素子

PI

Position
教授
Research Field
腎臓内科学

研究概要

日本では32万人以上が血液透析を受けています。腎臓はいったん障害されると「治らない」臓器のように考えられてきましたが、私達は腎臓には「修復力」があると考えており、それを増強することで腎臓病の治療に結びつけることができる可能性があると期待しています。

私達の研究室では、腎臓の障害と修復を担う細胞集団を特定し、腎臓病の進展を制御する細胞間クロストークを明らかにしてきました。

腎臓病が進展すると、線維化と腎性貧血が起こりますが、それが腎臓内の線維芽細胞の形質転換によること、その形質転換は尿細管上皮細胞障害が誘導することを明らかにしました。一方、形質転換した線維芽細胞はレチノイン酸産生能を獲得することで尿細管修復を促進することも見出しました。さらに、尿細管には自己修復力があるものの、障害が強いと完全に修復できないことも見出しました。高齢者は特に腎修復が不完全ですが、その一因として、高齢者の腎障害後には三次リンパ組織が形成され、そこを起点とした炎症が遷延することで修復が遅延すること、三次リンパ組織形成には腎臓内の線維芽細胞が重要な役割を果たすことを見出しました。私達はサルの腎臓病モデルとヒト組織を用いた検討で、これらの知見をさらに発展させることで、ヒト腎臓病の修復メカニズムに迫りたいと考えています。

図1

図1. 腎臓病の進展機構

図2

図2. 腎臓の線維芽細胞がさまざまな形質を獲得して三次リンパ組織形成に寄与する

論文

Nakamura, J., Sato, Y., Kitai, Y., Wajima, S., Yamamoto, S., Oguchi, A., Yamada, R., Kaneko, K., Kondo, M., Uchino, E., Tsuchida, J., Hirano, K., Sharma, K., Kohno, K., Yanagita, M. (2019) Myofibroblasts acquire retinoic acid-producing ability during fibroblast-to-myofibroblast transition following kidney injury.Kidney Int.in press.

Sato, Y., Mii, A., Hamazaki, Y., Fujita, H., Nakata, H., Masuda, K., Nishiyama, S., Shibuya, S., Haga, H., Ogawa, O., Shimizu, A., Narumiya, S., Kaisho, T., Arita, M., Yanagisawa, M., Miyasaka, M., Sharma, K., Minato, N., Kawamoto, H., Yanagita, M. (2016) Heterogeneous fibroblasts underlie age-dependent tertiary lymphoid tissues in the kidney.JCI Insight.1, e87680.

Takaori, K., Nakamura, J., Yamamoto, S., Nakata, H., Sato, Y., Takase, M., Nameta, M., Yamamoto, T., Economides, AN., Kohno, K., Haga, H., Sharma, K., Yanagita, M. (2016) Severity and Frequency of Proximal Tubule Injury Determines Renal Prognosis.J Am Soc Nephrol.27(8), 2393-406

Asada, N., Takase, M., Nakamura, J., Oguchi, A., Asada, M., Suzuki, N., Yamamura, K., Nagoshi, N., Shibata, S., Rao, TN., Fehling, HJ., Fukatsu, A., Minegishi, N., Kita, T., Kimura, T., Okano, H., Yamamoto, M., Yanagita, M. (2011) Dysfunction of fibroblasts of extrarenal origin underlies renal fibrosis and renal anemia in mice.J Clin Invest.121(10), 3981-90.

Tanaka, M., Asada, M., Higashi, AY., Nakamura, J., Oguchi, A., Tomita, M., Yamada, S., Asada, N., Takase, M., Okuda, T., Kawachi, H., Economides, AN., Robertson, E., Takahashi, S., Sakurai, T., Goldschmeding, R., Muso, E., Fukatsu, A., Kita, T., Yanagita, M. (2010) Loss of the BMP antagonist USAG-1 ameliorates disease in a mouse model of the progressive hereditary kidney disease Alport syndrome.J Clin Invest.120(3), 768-77.

Contact M.Yanagita

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    Submit