武藤 真長

武藤 真長

研究者 (依馬G)

Position
特任助教
Research Field
生殖生物学

研究概要

霊長類胚における内部細胞塊と栄養膜細胞の分化運命決定機構の解析

哺乳動物における着床前の初期胚発生研究は、不妊・不育や流産の原因解明などの観点から社会的要求性が高まっている。これまでのげっ歯類を用いた研究により着床前の胚盤胞期胚では将来胎児となるエピブラストと、胎盤になるトロホブラスト細胞のそれぞれ独立した分化状態の細胞が存在することが明らかにされ、定説となっている。しかしながら近年、エピブラストから樹立された胚性幹細胞(Embryonic Stem cells: ES細胞)ではヒトとマウスで未分化性の維持や細胞分化制御における遺伝子発現パターンに違いがあり、さらにエピブラスト由来であるはずのヒトES細胞が将来胎盤を構成するトロホブラスト細胞様の遺伝子発現パターンを示すことが報告され、ヒトのエピブラストとトロホブラスト細胞は従来考えられている発生運命に従わない可能性が示唆されてきた。現在のところ、ヒト胚発生の研究ではES細胞を用いた試験管内での実験に留まり、生体内におけるエピブラストとトロホブラスト細胞の分化運命に関する研究は少ない。我々はヒトに近いモデルであるカニクイザルを用いてエピブラストとトロホブラスト細胞の分化運命機構を解明することを目的とし、霊長類における胎盤の起源となる細胞の同定やその分化メカニズムの全容を明らかにしていきたいと考えている。

略歴

2016年に大阪大学薬学研究科・博士後期課程修了。2016-2019年 カンザス州立大学医学校においてポスドク研究員。2019年8月より滋賀医科大学・動物生命科学研究センター 特任助教となり現在に至る。

論文

Seita Y, Morimura T, Watanabe N, Iwatani C, Tsuchiya H, Nakamura S, Suzuki T, Yanagisawa D, Tsukiyama T, Nakaya M, Okamura E, Muto M, Ema M, Nishimura M, Tooyama I.
Generation of Transgenic Cynomolgus Monkeys Overexpressing the Gene for Amyloid-β Precursor Protein
J Alzheimers Dis. 2020;75(1):45-60. doi: 10.3233/JAD-191081.

Tobita T, Kiyozumi D,  Muto M, Noda T, Ikawa M.
Lvrn expression is not critical for mouse placentation.
J Reprod Dev. 2019 Jun 14;65(3):239-244. doi: 10.1262/jrd.2018-157. Epub 2019

Aoki A, Nakashima A, Kusabiraki T, Ono Y, Yoshino O, Muto M, Kumasawa K, Yoshimori T, Ikawa M, Saito S.
Trophoblast-Specific Conditional Atg7 Knockout Mice Develop Gestational Hypertension.
The American Journal of Pathology. 188(11):2474-2486. 2018

Chakraborty D, Muto M, Soares MJ.
Ex vivo Trophoblast-specific Genetic Manipulation Using Lentiviral Delivery.
Bio-Protocol. pii; 7(24) e2652, 2017

Onda K, Tong S, Beard S, Binder N, Muto M, Senadheera SN, Parry L, Dilworth M, Renshall L, Brownfoot F, Hastie R, Tuohey L, Palmer K, Hirano T, Ikawa M, Kaitu'u-Lino T, Hannan NJ.
Proton Pump Inhibitors Decrease Soluble fms-Like Tyrosine Kinase-1 and Soluble Endoglin Secretion, Decrease Hypertension, and Rescue Endothelial Dysfunction.
Hypertension. 69(3):457-468. 2017

Young SA, Miyata H, Satouh Y, Muto M, Larsen MR, Aitken RJ, Baker MA, Ikawa M.
CRISPR/Cas9-mediated mutation revealed cytoplasmic tail is dispensable for IZUMO1 function and male fertility
Reproduction. 152(6):665-672. 2016

Oji A, Noda T, Fujihara Y, Miyata H, Kim YJ, Muto M, Nozawa K, Matsumura T, Isotani A, Ikawa M.
CRISPR/Cas9 mediated genome editing in ES cells and its application for chimeric analysis in mice.
Scientific Reports. 17;6:31666. 2016

Muto M, Fujihara Y, Tobita T, Kiyozumi D, Ikawa M.
Lentiviral vector mediated complementation restored fetal viability but not placental hyperplasia in Plac1 deficient mice.
Biology of Reproduction, 94(1):6. 2016

Latos PA, Sienerth AR, Murray A, Senner CE, Muto M, Ikawa M, Oxley D, Burge S, Cox B, Hemberger M.
Elf5-centered transcription factor hub controls trophoblast stem cell self-renewal and differentiation through stoichiometry-sensitive shifts in target gene networks.4
Genes & Development. 29(23):2435-48. 2015

Miyata H, Satouh Y, Mashiko D, Muto M, Nozawa K, Shiba K, Fujihara Y, Isotani A, Inaba K, Ikawa M.
Sperm calcineurin inhibition prevents mouse fertility with implications for male contraceptive.
Science. 350(6259):442-5. 2015

受賞歴

アメリカンハートアソシエイション ポストドクトラルフェローシップ獲得 (2019年)

レイラー財団 ポストドクトラルフェローシップ獲得 (2016年7月~2017年6月)

ポスター賞受賞 (The 14th Annual Gilbert S. Greenwald Symposium on Reproduction and Regenerative Medicine (2017年) )

平成27年度マルホ大学院生等 海外派遣助成金の獲得(第48回米国生殖学会議、2015年)

日本学術振興会 特別研究員-DC2 (2015年4月~2016年6月)

研究グループ

依馬 グループ
Contact M.Muto

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    Submit