イベント

ASHBi Seminar (Dr.  Masatoshi  Nishikawa)

2022-06-22

ASHBi Seminar (Dr.  Masatoshi  Nishikawa)

法政大学より西川 正俊 博士をお招きし、2022年6月22日にASHBi Seminarを開催します。

⻄川博⼠は⼤阪⼤学⼤学院基礎⼯学研究科を修了後に広島⼤学、理化学研究所、ドイツ Max Planck Instituteで研究員を経て、 現在、法政⼤学⽣命科学研究科で細胞メカニクス研究室を主宰しています。 ⻄川博⼠は実験と数理の融合⼿法を⽤いて初期発⽣における⾮対称性のメカニズムを⾮常にユニークな物理的視点から解明しており、本セミナーではその最近の知⾒についてお話し頂きます。

ご興味のある方は是非ご参加ください。

Program

日時:
2022年6月22日(水)13:30–14:30(JST)
会場:
ハイブリッド配信*: Zoomオンライン/医学部B棟地下大会議室にて開催
*会場参加については先着順とし、定員になり次第、締め切ります。
*高速なネットワーク環境での接続を推奨します。
言語:
英語

タイトル

Mechanical symmetry breaking in C. elegans dorsal-ventral axis establishment

講師

西川 正俊博士

法政大学 准教授

対象者

大学や研究機関に所属する研究者、及び、学生

申込

要事前登録

登録フォーム

ご登録者へは、セミナーの約1週間前にZoomリンクをご案内いたします。

主催

京都大学高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点(WPI-ASHBi)

お問合わせ

李 聖林 (京都大学高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi) 教授)