三浦 智行

三浦 智行

連携研究者

Position
京都大学ウイルス・再生医科学研究所 准教授
Research Field
ウイルス学

研究概要

霊長類モデルを用いた感染症の病原性解明と予防・治療法の開発

エイズはHIV-1というウイルスによって起こる病気です。1982年にアメリカで初めて病気が発見されて以来、今ではアフリカ、インド、東南アジア、中央アメリカからカリブ海を中心に世界中に広がっており、日本でも患者が増えています。エイズは我々の体を細菌やウイルスから守る「免疫」と呼ばれる仕組みを壊す悲惨な病気です。

はしかやインフルエンザのようにウイルスで起こる病気にはワクチンを作るのが良い予防方法です。HIV-1に関しては、ウイルス(電子顕微鏡でないと見えない小さな粒子です)の表面に生えているタンパク質を「免疫」に覚えさせると我々はウイルスにかからなくなると考えられています。

ワクチンは製品になる前に本当に予防出来るか、予想もしない問題を引き起こさないかを調べなくてはなりませんが、そういうテストには実験動物を使います。HIV-1はヒト以外に感染しないのでワクチンを動物でテスト出来ません。興味深い事にHIV-1と近縁なウイルスがサルから見つかっています(SIVと呼ばれています)。このSIVとHIV-1の遺伝子を組み換えてHIV-1の表面に生えているタンパクを持ったSIVを作る事ができます(SHIVと呼ばれています)。このSHIVはサルに感染するので、HIV-1のワクチンを作った時にそのワクチンが効くのかサルでテストする事が出来ます。私たちは世界に先駆けてSHIVを作り、サルに感染する事を報告しました。

エイズがどんな病気かを正しく理解する事が予防や治療の為には必要ですが、動物モデルはそのために無くてはならないものです。私たちはSIVやSHIVを使って何故・どのようにして病気が起こるのかを調べています。これまでにSIVやSHIVの中で激しい病気を起こすものや感染するけれども病気を起こさないものがあることが分かってきました。これらの違いはなぜ起こるのか、ウイルスの遺伝子を比較したり別のウイルスの遺伝子と取り替えたりして調べています。また、ウイルスが体の中の何処で、どれくらい増えているか、特別な細胞がウイルスに壊されているのかと言った疑問を、病気を起こすウイルスと起こさないウイルスの間で比較して調べています。

三浦博士 図1

略歴

1988年 東京大学大学院農学系研究科 博士後期課程修了.1988年-1998年 京都大学ウイルス研究所助教となる.1998年より京都大学ウイルス研究所助教授となる.2002年より京都大学ウイルス研究所准教授となる.2016年にウイルス研究所と再生医科学研究所が合併してウイルス・再生医科学研究所となり現在に至る。

論文

Pisil, Y., Yazici, Z., Shida, H., Matsushita, S., and Miura, T.: Specific substitutions in region V2 of gp120 env confer SHIV neutralisation resistance. Pathogens, 9: 181, 2020.

Ishida, Y., Yoneda, M., Otsuki, H., Watanabe, Y., Kato, F., Matsuura, K., Kikukawa, M., Matsushita, S., Hishiki, T., Igarashi, T., and Miura, T.: Generation of a neutralization-resistant CCR5 tropic SHIV-MK38 molecular clone, a derivative of SHIV-89.6. J. Gen. Virol., 97: 1249-1260, 2016.

Otsuki, H., Yoneda, M., Igarashi, T., and Miura, T.: Generation of a monkey-tropic human immunodeficiency virus type 1 carrying env from a CCR5-tropic subtype C clinical isolate. Virology, 460-461: 1-10, 2014.

Matsuda, K., Inaba, K., Fukazawa, Y., Matsuyama, M., Ibuki, K., Horiike, M., Saito, N., Hayami, M., Igarashi, T., and Miura, T.: In vivo analysis of a new R5 tropic SHIV generated from the highly pathogenic SHIV-KS661, a derivative of SHIV-89.6. Virology, 399: 134-143, 2010.

Fukazawa, Y., Miyake, A., Ibuki, K., Inaba, K., Saito, N., Motohara, M., Horiuchi, R., Himeno, A., Matsuda, K., Matsuyama, M., Takahashi, H.,  Hayami, M., Igarashi, T., and Miura, T.: Small intestine CD4+ T-cells are profoundly depleted during acute infection of simian-human immunodeficiency virus regardless of its pathogenicity. J. Virol., 82: 6039-6044, 2008.

Miura, T., Matsuyama, M., Ogatsu, F., and Hayami, M.: Whole genome sequence data of an infectious molecular clone of the SIVagm TYO-1 strain.AIDS Res. Hum. Retroviruses, 22(11): 1183-1185, 2006.

Kozyrev, I. L., Ibuki, K., Shimada, T., Kuwata, T., Takemura, T., Hayami, M. and Miura, T: Characterization of less pathogenic infectious molecular clones derived from acute-pathogenic SHIV-89.6P stock virus. Virology, 282: 6-13, 2001.

Miura, T., Fukunaga, T., Igarashi, T., Yamashita, M., Ido, E., Funahashi, S., Ishida, T., Washio, K., Ueda, S., Hashimoto, K., Yoshida, M., Osame, M., B, S, Singhal., Zaninovic, V., Cartier, L., Sonoda, S., Tajima, K., Ina, Y., Gojobori, T. and Hayami, M.: Phylogenetic subtypes of human T-lymphotropic virus type 1 and their relations to the anthropological background.  Proc. Natl. Acad. Sci., 91: 1124-1127, 1994.

Miura, T., Sakuragi, J., Kawamura, M., Fukasawa, M., Moriyama, E.N., Gojobori, T., Ishikawa, K., Mingle, J.A.A., Netty, V.B.A., Akari, H., Enami, M., Tsujimoto, H. and Hayami, M.: Establishment of a phylogenetic survey system for AIDS-related lentiviruses and demonstration of a new HIV-2 subgroup. AIDS, 4: 1257-1261, 1990.

Fukasawa, M., Miura, T., Hasegawa, A., Morikawa, S., Tusjimoto, H., Miki, K., Kitamura, T. and Hayami, M.: Sequence of simian immunodeficiency virus from African green monkey, a new member of the HIV/SIV group. Nature, 333: 457-461, 1988.

Contact T.Miura

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    Submit