小川 正

小川 正

事務部門長

Position
特定教授
Research Field
認知神経科学、実験心理学

研究概要

実験心理学、神経生理学、認知科学の手法を用いながら、高次脳機能の神経メカニズムを明らかにする研究に従事してきました。特に眼球運動系における適応機構、視覚的注意・視覚探索、試行錯誤による知的な問題解決、等の基盤となる神経メカニズムの解明に向けた研空を行ってきました。2015年からは京都大学 次世代研究者育成事業であるK-CONNEXプロジェクト、2018年からは白眉プロジェクトのプログラムマネジャーの任に就き、両プロジェクトにおいて60名以上の若手研究者のメンターと育成支援に携わってきました。基礎研究におけるPIとしての経験と、若手人材育成におけるプロジェクトマネジメントの経験にもとづき、2018年12月からヒト生物学高等研究拠点(ASHBi)の特定教授/事務部門長の任に就いています。

略歴

1992年 大阪大学基礎工学研究科 博士前期課程修了。1992-1998年 郵政省通信総合研究所、1998-2006年 生理学研究所 助教、2006 -2010年 京都大学大学院医学研究科 講師、2010-2015年 同研究科准教授、2015-2018年 京都大学次世代研究創成ユニット 特任教授/プログラムマネジャー、2018年 京都大学白眉センター プログラムマネジャー。2018年12月より京都大学ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi) 特定教授/事務部門長となり現在に至る。

論文

Tanaka T, Nishida S, Ogawa T*, Different target-discrimination times can be followed by the same saccade-initiation timing in different stimulus conditions during visual searches, Journal of Neurophysiology 114: 366-380, 2015.

Nishida S, Tanaka T, Shibata T, Ikeda K, Aso T, and Ogawa T*, Discharge-rate persistence of baseline activity during fixation reflects maintenance of memory-period activity in the macaque posterior parietal cortex, Cerebral Cortex, 24: 1671-1685, 2014.

Nishida S, Tanaka T, & Ogawa T*, Separate evaluation of target facilitation and distractor suppression in the activity of macaque lateral intraparietal neurons during visual search, Journal of Neurophysiology, 110: 2773-2791, 2013.

Tanaka T, Nishida S, Aso T, and Ogawa T*, Visual response of neurons in the lateral intraparietal area and saccadic reaction time during a visual detection task, The European Journal of Neuroscience, 37: 942-956, 2013.

Fujimoto A, Nishida S, and Ogawa T*. Dynamic alternation of primate response properties during trial-and-error knowledge updating. Robotics and Autonomous Systems, 60: 747-753, 2012.

Ogawa T* and Komatsu H. Differential temporal storage capacity in the baseline activity of neurons in macaque frontal eye field and area V4. Journal of Neurophysiology, 103: 2433-2445, 2010.

Ogawa T*, Komatsu H, Condition-dependent and condition-independent target selection in the macaque posterior parietal cortex. Journal of Neurophysiology, 101: 721-736, 2009.

Ogawa T* Komatsu H, Neuronal dynamics of bottom-up and top-down processes in area V4 of macaque monkeys performing a visual search. Experimental Brain Research, 173: 1-13, 2006.

Ogawa T, Komatsu H*, Target selection in area V4 during a multidimensional visual search task. The Journal of Neuroscience, 24: 6371-6382, 2004.

Ogawa T*, Fujita M , Adaptive modifications of human postsaccadic pursuit eye movements induced by a step-ramp-ramp paradigm. Experimental Brain Research, 116: 83-96, 1997.

*Corresponding author(s)

Contact T.Ogawa

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    Submit