井上 詞貴

井上 詞貴

Co-PI (Bourque-G)

Position
特定准教授
Research Field
ゲノミクス、分子発生学

研究概要

細胞分化・個体発生・進化に関わるレギュロームの理解

私たちのゲノムのうちタンパク質をコードしている遺伝子DNAはわずか1.5%であり、98%以上はノンコーディングDNAが占めています。ノンコーディングDNA領域には、「エンハンサー」と呼ばれる転写制御エレメントが点在しています。エンハンサーは、細胞内外のシグナルやストレスに応答し、転写因子の結合やヒストンの修飾を介して、遺伝子が「いつ」「どこで」「どのくらい」発現するかを厳密に調節しています。しかしながら、広大なゲノムDNAの中からエンハンサーを同定し、機能解析する事は容易ではなく、ゲノム中の制御エレメントの全体像(レギュローム)は不明のままです。

私たちはこれまで、RNA-seq、ChIP-seq、Cut&Tag、ATAC-seqといったゲノム・エピゲノム解析技術を用いて、細胞分化・個体発生・進化に関わるエンハンサーの同定を試みてきました。さらに、Lentivirus-based massively parallel reporter assay (lentiMPRA)を開発し、エンハンサーの大規模並列的かつ定量的な機能解析を実現しました。lentiMPRAは、転写バーコードを用いることで、数千から数万のエンハンサーのクロマチン環境での活性をハイスループットに解析できる新技術です(図1)。

私たちは、ヒトやチンパンジーの幹細胞から誘導した神経前駆細胞をモデルとし、lentiMPRAにより多数の神経関連エンハンサーを解析しています。そして上述のような最先端ゲノム・エピゲノム解析技術を駆使し、またiPS由来分化細胞やシングルセルテクノロジーと組み合わせながら、細胞分化・個体発生・進化など高次生命現象に関わるレギュロームの理解を目指します。

図1

図1.Lentivirus-based massively parallel reporter assay (lentiMPRA)概略図
(A) 数千のエンハンサー候補配列を最小プロモーター (mP)の上流へ、バーコード(BC, 15bpランダム配列)をレポーター遺伝子3’UTRへ挿入したライブラリを作成する。(B)ライブラリ内のエンハンサーとバーコードの連鎖をあらかじめDNA-seqにより決定する。(C)レンチウィルスによりライブラリを細胞へ導入する。細胞内ではベクターがゲノムDNAへ挿入され、エンハンサー活性に従ってバーコードが転写される。(D)RNA-seqにより転写バーコードを定量(導入DNAバーコード量で標準化)することで、連鎖するエンハンサーの活性を大規模並列的に解析することができる。

略歴

2008年 埼玉大学大学院理工学研究科 博士後期課程修了。2008年-2012年 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 研究員。2012年-2020年 カリフォルニア大学サンフランシスコ校 (UCSF) ポストドクトラルフェロー/研究員。2020年より京都大学ヒト生物学高等研究拠点 (ASHBi) 特定拠点准教授。

論文

Jason C. Klein*, Vikram Agarwal*, Fumitaka Inoue*, Aidan Keith*, Beth Martin, Martin Kircher, Nadav Ahituv^, Jay Shendure^
A systematic evaluation of the design and context dependencies of massively parallel reporter assays
Nature Methods (2020)

M. Grace Gordon*, Fumitaka Inoue*^, Beth Martin*, Max Schubach*, Vikram Agarwal, Sean Whalen, Shiyun Feng, Jingjing Zhao, Tal Ashuach, Ryan Ziffra, Anat Kreimer, Ilias Georgakopoulous-Soares, Nir Yosef, Chun Jimmie Ye, Katherine S Pollard, Jay Shendure^, Martin Kircher^, Nadav Ahituv^
lentiMPRA & MPRAflow for high-throughput functional characterization of gene regulatory elements
Nature Protocols 15, 2387-2412 (2020)

Fumitaka Inoue*, Anat Kreimer*, Tal Ashuach, Nadav Ahituv^, Nir Yosef^
Identification and massively parallel characterization of regulatory elements driving neural induction
Cell Stem Cell 25, 713-727. (2019)

Martin Kircher*, Chenling Xiong*, Beth Martin*, Max Schubach*, Fumitaka Inoue, Robert JA Bell, Joseph F Costello, Jay Shendure^, Nadav Ahituv^
Saturation mutagenesis of twenty disease-associated regulatory elements at single base-pair resolution
Nature Communications 10, 3583. (2019)

Dustin Shigaki, Orit Adato, Aashish N. Adhikari, Shengcheng Dong, Alex Hawkins‐Hooker, Fumitaka Inoue, Tamar Juven‐Gershon, Henry Kenlay, Beth Martin, Ayoti Patra, Dmitry D. Penzar, Max Schubach, Chenling Xiong, Zhongxia Yan, Alan P. Boyle, Anat Kreimer, Ivan V. Kulakovskiy, John Reid, Ron Unger, Nir Yosef, Jay Shendure, Nadav Ahituv, Martin Kircher, Michael A. Beer
Integration of multiple epigenomic marks improves prediction of variant impact in saturation mutagenesis reporter assay
Human Mutation humu.23797. (2019)

Fumitaka Inoue*, Walter Eckalbar*, Yi Wang, Karl K. Murphy, Navneet Matharu, Christian Vaisse^, Nadav Ahituv^
Genomic and epigenomic mapping of leptin-responsive neuronal populations involved in body weight regulation
Nature Metabolism 1, 475-484. (2019)

Fumitaka Inoue*, Martin Kircher*, Beth Martin, Gregory M Cooper, Daniela M Witten, Michael T McManus, Nadav Ahituv^ and Jay Shendure^
A systematic comparison reveals substantial differences in chromosomal versus episomal encoding of enhancer activity
Genome Research 27, 38-52. (2017)

Fumitaka Inoue and Nadav Ahituv
Decoding enhancers using massively parallel reporter assays
Genomics 106, 159-64. (2015)

Robin P Smith*, Leila Taher*, Rupali P Patwardhan, Mee J Kim, Fumitaka Inoue, Jay Shendure^, Ivan Ovcharenko^, and Nadav Ahituv^
Massively parallel decoding of mammalian regulatory sequences supports a flexible organizational model
Nature Genetics 45, 1021-8. (2013)

Fumitaka Inoue, Daisuke Kurokawa, Maiko Takahashi and Shinichi Aizawa
Gbx2 directly restricts Otx2 expression to forebrain and midbrain, competing with Class III POU factors
Molecular and Cellular Biology 32, 2618-27. (2012)

*co-first authors
^co-corresponding authors

受賞歴

ENCODEコンソーシアムミーティング ポスター賞(2018)

研究グループ

Bourqueグループ
Contact F.Inoue

Submit