谷地村 敏明

谷地村 敏明

研究者 (平岡G)

Position
特定研究員
Research Field
応用数学、数理解析

研究概要

細胞分化ダイナミクスに対する数理解析

細胞のゲノムデータに関する収集技術の急速な進歩により、細胞に関する非常に大きなデータが蓄積されつつあります。こうしたビッグデータに対して、データ駆動型アプローチや数理的アプローチを基盤とした数理解析は近年注目されています。本研究ではこうした数理解析を用いることで、細胞分化におけるダイナミクスの解明を目指します。特に最適輸送理論やトポロジカルデータ解析といった数学理論を応用することで、異なる時間スケールを持つ細胞の分化過程の追跡やその起源の推定等に関する数理基盤を確立したいと考えています。

略歴

2020年東北大学大学院情報科学研究科 博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員(DC2)に採用(2019年-2020年)。2020年より京都大学高等研究院ASHBiの特定研究員となり現在に至る。

論文

M.Santacesaria, T.Yachimura, On an inverse Robin spectral problem, Inverse Problems, 36(7), (2020), 075004

L.Cavallina, T.Yachimura, Symmetry breaking solutions for a two-phase overdetermined problem of Serrin-type, to appear in the volume Trends in Mathematics, Research Perspectives.

G.Allaire, L.Cavallina, N.Miyake, T.Oka, T.Yachimura, The Homogenization Method for Topology Optimization of Structures: Old and New, Interdisciplinary Information Sciences, 25(2), (2019), pp. 75-146.

L.Cavallina, T.Yachimura, On a two-phase Serrin-type problem and its numerical computation, ESAIM: Control, Optimisation and Calculus of Variations, (2019), in press.

T.Yachimura, Asymptotic behavior for the principal eigenvalue of a reinforcement problem, Applicable Analysis, 98 (2019), pp. 1946-1958.

T.Yachimura, Two-phase eigenvalue problem on thin domains with Neumann boundary condition, Differential and Integral Equations, 31 (2018), pp.735-760.

受賞歴

第18回北東数学解析研究集会 優秀ポスター賞(2017)

研究グループ

平岡グループ
Contact T.Yachimura

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    Submit