若手研究者を対象とした分野横断型研究会

Early Career Researchers Meetings

俯瞰的視点にもとづいて、研究の学術的重要性を判断する能力・研究成果までつなげるための論理展開を行う能力は、若手研究者が優れたPIとなるために必要不可欠な能力です。しかしながら、近年、研究領域の細分化と深化が進んだ結果、同一領域内の研究者との議論がメインとなり、全く異なる視点から自分の研究を見つめ直す機会が減っています。このような問題に対応するため、ASHBiでは若手研究者が同世代・異分野の若手研究者が集い、研究内容を相互に発表、評価する若手領域横断型研究会を積極的に提供しています。異なる知識・異なる考え方をもつ異分野の若手研究者同士で、発表者と評価者を交代で努めることにより、各自が行っている研究の学術的意義や論理展開を俯瞰的な(異分野の)視点から議論する機会としています。