ビジョンとミッション

ビジョンとミッション

多分野融合研究により、
ヒトの設計とその破綻機構を解明

ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi)は、文部科学省「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)」の採択を受け、2018年10月に設立されました。
本拠点では、国内外から優れた13名の主任研究者 (principal investigators: PIs) を集め、我々ヒトに付与された特性の獲得機構とその破綻による病態発症の原理を究明するため、新しいヒト生物学を創成します。
本拠点では、生物学と数理科学(機械学習やトポロジカルデータ解析)、生物学と人文社会科学(生命倫理と生命に関する哲学)それぞれの分野横断的な融合研究を積極的に推進します。

また拠点の研究力を高めるため、単一細胞レベルでの多階層ゲノム情報解析と、先端的ゲノム編集霊長類作製が可能な2つの研究開発コアを設置します。

研究内容

本拠点は、ヒト及びマカクザルを中心とする非ヒト科霊⻑類を主な研究対象とし、多分野(生命・数理・人文社会学)を融合した学際的な⽅法論を駆使することで、我々ヒトに付与された特性とその破綻による病態発症の原理を究明する新しいヒト生物学を実現します。

具体的な目標として、本拠点では、

1
ヒト生物学における基幹領域ー生殖・発生・発達・老化と遺伝・進化ーに関する厳選された個々の研究テーマにおいて傑出した成果を輩出します
2
ヒト・非ヒト科霊長類・齧歯類の “相同” 発生・分化成熟座標に出現する “相同” 細胞群の多階層ゲノム情報を新しい方法論を用いて解析し多様なゲノムが生成する種差表出原理を解明、モデル生物から得られた知見のヒトへの適切な外挿を可能とするとともに、より普遍的な種の多様性生成機構を解明します
3
カニクイザルを⽤いた最先端のゲノム編集技術を開発し、霊⻑類固有の遺伝⼦機能の解析・難病モデルの作出(特に神経系と腎の疾患を標的とする)を推進します
4
鍵となるヒト細胞系譜や組織の再構成系の樹⽴と厳密な検証を⾏います
5
ヒト及び⾮ヒト科霊⻑類サンプルの適切な使⽤に関する倫理、創出される研究成果の意義と価値に関する哲学を創⽣、社会に発信します

本拠点の特徴

生物学と数理科学の融合(多種間多階層ゲノム情報解析)、及び、生物学と人文社会科学の融合(生命倫理·哲学)
世界最先端の研究開発コアの設置:単一細胞ゲノム情報解析コアと霊長類ゲノム工学開発コア
世界的ネットワークの構築:海外PIの重点的支援とEMBL、ケンブリッジ大学、カロリンスカ研究所等との連携
京都大学医学部付属病院との緊密な連携
若手PIの育成と研究支援、京都大学次世代研究者育成事業(白眉プロジェクト・K-CONNEX)との連携